パウンドケーキの作り方








スイーツ(お菓子)の情報がいっぱいの総合サイト

スイーツが食べたい!甘いデサートの世界☆

↓お好きなスイーツ(お菓子)をクリックしてね

バターケーキ スポンジケーキ タルト
チョコレート シフォンケーキ パイ
シュークリーム チーズケーキ プリン
クッキー 和 菓 子 バースデー



パウンドケーキの作り方

◆材料(縦6.5センチ×横17センチ×深さ6.5センチのパウンド型1台分)
薄力粉・・・100グラム
ベーキングパウダー・・・小さじ1/3(1グラム)
無塩バター・・・100グラム
砂糖・・・100グラム
卵・・・2個(正味100グラム)
塩・・・少々
バニラオイル・・・少々

◆準備
卵とバターは室温に戻し、薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておく。
パウンド型にオーブンペーパーなどを敷き、オーブンは170度に温めておく。

◆作り方
1 室温に戻したバターをボウルに入れ、泡立て器でクリーム状に混ぜる。なめらかになったら砂糖を加えてすり混ぜる。
バターは泡立て器ですくえないほど柔らかくすると、空気を含まないのでダメ。冷水か氷水で底を冷やして少し硬くする。

2 バターの色が白っぽくなり、泡立て器の手ごたえが軽くなったらすり混ぜ終了。ここでよくすり混ぜるとバターが空気を含んで、ふんわり軽い味わいになる。

3 卵を割りほぐし、2のバターに3〜4回に分けて加え、そのたびに混ぜてなめらかにする。卵は1度に全部入れると分離しやすく、混ぜにくい。

4 分離しないように注意しながら卵を全部加えて混ぜる。全体がなめらかになっていれば大丈夫。

5 ふるっておいた粉と塩も、バニラオイルを加えて、ゴムべらで切るようにしながら粉を混ぜていく。初めは混ざりにくいが、バターを細かく切るように混ぜていくとよい。

6 粉っぽさがなくなってもさらに混ぜると、だんだん生地がしっとりしてくる。初めは表面につやのない状態でよい。

7 ゴムべらで生地を底からすくい上げるようにして混ぜると、徐々に生地の表面につやが出て、なめらかになる。この状態になったら混ぜ終わり。

8 紙を敷いた型に、ゴムべらで生地をすくいながら入れる。空気が入ると中に穴があくので、型ごと持ち上げ、2〜3回台に落として空気を抜くようにする。

9 型に生地を詰めたら表面をならし、中央を少しへこませて天板の中央にのせる。中央の生地は火の通りが遅く、焼き上がるにつれてふくらんでくるのでくぼませる。

10 170度のオーブンの中段に入れ、約50分間焼く。ケーキの中央に竹ぐしを刺し、生っぽい生地がついてこなければ焼き上がり。ついてくるようならもう少し長く焼く。

11 焼きあがったら型をひっくり返して取り出す。ケーキクーラーなどの上にのせ、荒熱がとれたら紙をそっとはがす。はがれにくいようならもう少しおく。

12 ケーキクーラーの上で完全に冷ます。保存はポリ袋に入れて口をしっかりとじるか、ラップに包み、室温におく。焼いてから2〜3日たったほうがおいしい。

バターケーキについて (5項目)
バターケーキとは / バターケーキの特徴 / パウンドケーキについて / マドレーヌについて / フィナンシェについて
バター豆知識 (2項目)
バターは塗り薬だった!? / 黄色いバターと白いバターはどう違う?
バターケーキ作りのポイント (13項目)
パウンド型がないとき / ケーキ型の下準備について / しっとりとした生地を作るにはバターが決め手! / バターケーキをかたくさせないためのコツ / 粉を混ぜるときのコツ / 溶かしバターの混ぜ方 / ケーキに混ぜたものが沈んでしまうとき / 生地作りでバターと卵が分離するとき / バターケーキの表面が焦げてしまう場合 / ケーキの中に粉のダマが残ったのは? / 切り口にぽっかり穴が開くとき / 中が生焼けになるとき / 焼いたバターケーキの保存法
レシピ (6項目)
パウンドケーキの作り方 / マドレーヌの作り方 / フィナンシェ(卵白の一部を泡立てて作る場合)の作り方 / フィナンシェ(卵白を泡立てないで作る場合)の作り方 / ベビーカステラの作り方 / 紅茶マフィンの作り方
当サイトについて (1項目)
当サイトについて
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。