中が生焼けになるとき








スイーツ(お菓子)の情報がいっぱいの総合サイト

スイーツが食べたい!甘いデサートの世界☆

↓お好きなスイーツ(お菓子)をクリックしてね

バターケーキ スポンジケーキ タルト
チョコレート シフォンケーキ パイ
シュークリーム チーズケーキ プリン
クッキー 和 菓 子 バースデー



中が生焼けになるとき

バターケーキは、少しずつ様子を見ながら、中に火が通るまで焼きます。
よく膨らませ、しっとりと軽いバターケーキに焼き上げるには、低めの温度(160〜170度)でじっくりと焼くことがポイントです。

バターケーキが焼き上がる時間は、オーブンの熱の回り方で多少変わってきます。
本に載っている時間は「目安」として考えます。
バターケーキ生地の中の状態がどうなっているかを焼きながら、こまめに竹串を刺して確認してください。
本の通りの時間で焼いても、必ず竹串を刺して中が焼けているかどうかを確かめることが大事です。
本の通りの時間で焼いた時に、竹串を刺してみて、生地がついてこなければ焼き上がりです。

もし、中が生焼けの状態であれば、バターケーキの上にアルミホイルをかぶせて、もう少し焼いて下さい(アルミホイルをかぶせて焼かないと、バターの多いケーキの表面が焦げてしまいます)。
時間を見ながら少しずつ焼いては、竹串を刺して焼けているかどうかを見ましょう。

一切れ切った後でも、切り口にアルミホイルをかぶせて少しずつ焼いて、中まで火を通せば、おいしいバターケーキが焼けるはずです。

バターケーキについて (5項目)
バターケーキとは / バターケーキの特徴 / パウンドケーキについて / マドレーヌについて / フィナンシェについて
バター豆知識 (2項目)
バターは塗り薬だった!? / 黄色いバターと白いバターはどう違う?
バターケーキ作りのポイント (13項目)
パウンド型がないとき / ケーキ型の下準備について / しっとりとした生地を作るにはバターが決め手! / バターケーキをかたくさせないためのコツ / 粉を混ぜるときのコツ / 溶かしバターの混ぜ方 / ケーキに混ぜたものが沈んでしまうとき / 生地作りでバターと卵が分離するとき / バターケーキの表面が焦げてしまう場合 / ケーキの中に粉のダマが残ったのは? / 切り口にぽっかり穴が開くとき / 中が生焼けになるとき / 焼いたバターケーキの保存法
レシピ (6項目)
パウンドケーキの作り方 / マドレーヌの作り方 / フィナンシェ(卵白の一部を泡立てて作る場合)の作り方 / フィナンシェ(卵白を泡立てないで作る場合)の作り方 / ベビーカステラの作り方 / 紅茶マフィンの作り方
当サイトについて (1項目)
当サイトについて
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。