バターケーキの特徴








スイーツ(お菓子)の情報がいっぱいの総合サイト

スイーツが食べたい!甘いデサートの世界☆

↓お好きなスイーツ(お菓子)をクリックしてね

バターケーキ スポンジケーキ タルト
チョコレート シフォンケーキ パイ
シュークリーム チーズケーキ プリン
クッキー 和 菓 子 バースデー



バターケーキの特徴

バターケーキは、たっぷりのバターをクリーム状に練り混ぜ、卵と粉を加え、混ぜて焼くケーキです。

バターケーキを作る際、卵を全卵で加える、または、メレンゲ(卵白)で加える、のでどう違うのかというと、メレンゲで加える方が空気が含まれるため、ふっくら焼き上がります。
これは、同じ材料と分量でできるので、1度、試してみてはいかがでしょうか。

上手に焼けたバターケーキは膨らんで弾力があり、持ったときに軽くさえ感じます。
これは、バターと砂糖をふわふわに泡立てて入った細かい気泡が、焼いている間に充分に膨らむからです。
バターを泡立てるようにホイップすることで、バターの中に空気が含まれて、ふっくら焼き上がります。
砂糖や混ぜる素材によって、いろいろなコクや風味が楽しめます。

バターや砂糖がたっぷり入っているので、ボリューム感があり、日持ちもし、プレゼントにも最適。
焼きたてもおいしいですが、2〜3日おくと味が馴染み、さらにおいしく食べられます。時間がたつほどバターの風味が増すスイーツ(お菓子)なので、贈り物としても最適です。

バターケーキについて (5項目)
バターケーキとは / バターケーキの特徴 / パウンドケーキについて / マドレーヌについて / フィナンシェについて
バター豆知識 (2項目)
バターは塗り薬だった!? / 黄色いバターと白いバターはどう違う?
バターケーキ作りのポイント (13項目)
パウンド型がないとき / ケーキ型の下準備について / しっとりとした生地を作るにはバターが決め手! / バターケーキをかたくさせないためのコツ / 粉を混ぜるときのコツ / 溶かしバターの混ぜ方 / ケーキに混ぜたものが沈んでしまうとき / 生地作りでバターと卵が分離するとき / バターケーキの表面が焦げてしまう場合 / ケーキの中に粉のダマが残ったのは? / 切り口にぽっかり穴が開くとき / 中が生焼けになるとき / 焼いたバターケーキの保存法
レシピ (6項目)
パウンドケーキの作り方 / マドレーヌの作り方 / フィナンシェ(卵白の一部を泡立てて作る場合)の作り方 / フィナンシェ(卵白を泡立てないで作る場合)の作り方 / ベビーカステラの作り方 / 紅茶マフィンの作り方
当サイトについて (1項目)
当サイトについて
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。